ヒップリップ 効果

ヒップリップの効果でおしりの汗 解消

ヒップリップ

 

ヒップリップの効果は制汗 殺菌成分配合の薬用デオドラントクリーム
大人女子の24時間エチケットケアにおすすめ

 

こんな人におすすめ

  • 長時間座っていると椅子がべたつく
  • ただ座っていてもお尻だけ汗をかく
  • お尻の汗で7むれてむずむずかゆい
  • 汗シミが気になって仕方ない
  • ショーツがくいこみ 匂いも気になる

 

90日間返金保証付き 

 

http://www.sept-inc.jp/lp/hip-a1/

↑↑こちらをクリック↑↑

 

 

ヒップリップでこんなすてきな事が待っています。

ヒップリップ

 

汗かきと多汗症の違い

汗かき・・・暑さを感じたりスポーツなど体を動かした後や刺激の強い物を食べた時など 体温調節をするために汗をかく。
多汗症・・・特にこれといった原因がみあたらない時にも 汗を体温調節を必要としない時でも汗をかく。

 

季節関係なく汗が出る

冬でもお尻や太ももに汗をかいてしまうことが原因で身体が冷えている可能性もあります。
お尻や太ももの汗は緊張や蒸れなど、あらゆる要素が絡み発生してしまいます。

 

普段の運動不足や空調設備の充実などにより極端に汗をかく機会が激減しました。
全身の汗腺の働きが鈍ることで体の一部分から大量の汗が吹き出してしまっているのです。

 

 

お尻や太ももは、デリケートゾーンや性器・肛門部分に近いため、普通のボディーシートや制汗スプレーを使用すると、
肌荒れを起こしてしまう場合があります。

 

 

そもそもおしりの汗の原因ってなにかしら

多汗症
部分的に汗をかく人もいれば、全体的に汗をかく人もいますが、
お尻に汗が出るという人は、お尻の多汗症と言えます。

 

遺伝や生活習慣により、人より汗を多くかく体質なのでしょう。
交感神経が働きすぎるため汗をかきやすくなるといわれていて
汗腺が衰えているかrです。

 

運動不足やクーラーといった冷房設備の充実などによって 昔に比べ汗をかく機会も少なくなり
身体全体にある汗腺が上手く動作せず 1ヶ所から大量がでてくるのです。

 

たとえば、暑い所から冷房の効いた室内に入ると 体は冷えを感じて毛穴を閉じます。
汗腺が衰えている状態でこれを繰り返すと働いている一部分の汗腺からだけ発汗する結果となるので
べたつきのある(濃度の高い)汗が多量に出てしまいます。
結果、発汗機能が次々に乱れて悪循環が生じてしまいます。

 

 

下着が原因
お尻にも汗腺がありますから温度が上昇すると汗をかいて体温の調整をします。

 

下着をつけている密閉された場所は汗が外に出にくいところ。
さらに締め付けのきつい補正下着やガードルをはいていたり、椅子に座ることで圧迫された状態が続きます。

 

汗は逃げ場がなく下着の中に残ったことで、お尻にかく汗の量が多いと思いがちです。
下着や衣類の素材でも汗の感じ方が大きく違ってきます。

 

ポリエステルなどの化学繊維は汗の吸水性はありません。
夏など高温になるとベタベタとしてなおさら汗の量がひどいと感じます。

 

クーラーが原因
特に夏にこのような現象に遭遇するならば、いわゆる「クーラー病」である可能性があります。

 

汗は体温調節のために常にどこかから出ているものです。
その汗を出すための汗腺はその働きを弱めることがあります。
体の冷えによって動きが鈍くなるのです。

 

エアコンの風は通常、上半身にふれるものです。
上半身の汗腺が働きを弱めている場合、比較的風の当たらない下半身で汗をかこうとします。

 

下半身の血流が滞ることを避けるために1時間に1度は立ち上がるといいでしょう。
エコノミークラス症候群として知られる静脈血栓塞栓症は、座りっぱなしの状態で起こります。

 

意外に夏場に多いとも言われていますので、
この怖い静脈血栓塞栓症を防止するためにも冷えを防ぎ、定期的に足を動かすことも大事。

 

おしりの汗 対策

下着をコットンに変える

 

汗が気になる部分は、やはりコットンの下着が一番。


きちんと汗を吸い取ってくれるからです。

 

ドライ機能を謳った下着も多く販売されていますが、汗を発散させるのがその働きです。
椅子に汗をかくのは気にしてしまうのでこれを防ぐには、
よく汗を吸い取るコットン素材が1番いいです。

 

吸湿性・速乾性のあるガードルショーツを履く
吸湿性・速乾性のあるインナーを着用することで、お尻や太ももの汗を吸い取ってくれます。
汗ジミ予防につながります。

 

そんなインナーを着用することで、ウエストやヒップラインを綺麗にみせる効果もあります。

 

ズボンやスカートは暗めの色にするのも方法でベージュやグレーなど色の薄い色のボトムを履くと、
汗をかいた時に汗が目立ちやすくなります。
そのため汗が周りにバレないためには、ボトムは黒系の暗い色にするのがベストだと言えます。

 

全身で汗をかく
暑い季節はシャワーだけでしていませんか?
夏こそお風呂、浴槽にきちんとつかる方がいいでしょう。
ぬるめのお湯に時間をかけてゆったりと入ってください。

 

お風呂上りにどっと汗をかき、逆効果のようにも思えますが、これこそが汗腺を正しい状態に戻るのです。
血行を促進してエアコンによる冷えを取る効果も狙えますし、
全身で汗をかくためにも非常に大事になってきます。

 

お風呂の中でトレーニング
バスタブに43〜44℃位の熱いお湯を張り両手のひじから下、両足のひざから下を15分位温かくします。
バス用のイスをバスタブに入れて前傾になるとやりやすいです。

 

その後お水を足して36〜38℃ほどに温度を下げて15分くらい全身浴を行い
お風呂から上がった後はタオルできちんと体を拭いた後、汗を乾燥させます。

 

すぐに服を着ないことが大切。
お風呂上がりは目に見えない汗が汗腺から出やすくなっていて拭きとらず乾かす事で汗腺の機能を
引き立てることができるのです。

 

岩盤浴やサウナに行ってみる
全身から良い汗を流して汗腺を鍛え上げることが大切。
最初のうちはべたつきのある汗をかいたり1ヶ所からしか汗が出ないかもしれませんが
汗腺が開いてくると全身からサラッとした良い汗が出てくるようになります。

 

岩盤浴やサウナでゆっくりじっくり汗をかくことも効果が期待大。

 

クッション&座布団を変えてみる
座りっぱなしのデスクワークでは、長時間椅子とお尻あたりが密着しているので蒸れやすくなります。

 

そこで活用したいのがクッションです。
カビやダニの繁殖を防いでくれるものや、洗濯機で丸洗い出来るものもおすすめ。

 

クッションを利用することで、椅子が湿るのを防いでくれて
お尻や太もも、股部分が汗臭くなるのを予防する効果もあります。

 

座りっぱなしの汗対策に特化したものとして、空調座布団というものがあります。
空調座布団は小型ファンによって、大量の外気を流します。

 

 

椅子部分に熱や湿気がこもるのを防ぎ、ムレを解消してくれます。
普通のクッションだけでは物足りない人は、このような汗対策に特化した
座布団を使用してみるのもいいでしょう。

 

セームタオルを使ってみる
水泳などでよく使われている、高い吸収性と速乾性があるタオルのこと
ドライタオルとも呼ばれており、大量の水分を吸収しても絞ればまたすぐに使用できるとても便利なタオル。

 

自転車のサドルを変える
自転車に乗っているだけで 汗をかいてしまう場合は自転車のサドルを穴あきサドル に変えましょう。
普通のサドルに比べて中央に穴が開いているので通気性がよくお尻との
接地面に熱がこもるのを防げます。

 

ミョウバンを作ってみる

大量の汗を予防するためには ミョウバン水がおすすめです。
ミョウバンとは聞きなれないかもしれませんが これです。

 

 

水(水道水でOK)1500mlに対して焼ミョウバン50gをペットボトルなどに入れてよく振ります。
ミョウバンの種類にもよりますが1日から3日くらいで 白かった液体が透明に変わり完成。

 

これがミョウバン水の原液になります。

 

使うときはこの原液を6倍?10倍に薄めてからスプレーボトルに移し替え
お出かけ前やお風呂上りに汗が気になる所にスプレーします。

 

そのまま乾かすか タオルで軽く水気をふき取ります。
ミョウバン水には汗を抑制する効果と 汗の消臭効果もあります。

 

制汗剤を使う
ヒップ周りに使用できるデオドラントクリームです。

 

 

お尻の制汗対策、お尻汗による臭い対策だけでなく、
アンダーヘアのかゆみも予防する保護や保湿までできる優れものとして多くの方から支持されています。
口コミの9割以上の方が高評価しているのです。

 

汗を防ぐ「高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛」と、ニオイを抑える「シメン-5-オール」という2つの有効成分をW配合。
つけ心地はさらっとしており、スベスベしているので、塗ったあとすぐにショーツを履くことが可能です。
いくら効果的な商品でも、使い心地が悪いと、いつの間にか使用をやめてしまいがちですが「ヒップリップ」なら安心して使い続けることができます。

 

 

http://www.sept-inc.jp/lp/hip-a1/

↑↑こちらをクリック↑↑